2012年04月19日

【映画】『アツカマ氏とオヤカマ氏』 スクーターはミッキーマウスか?

ふしぎな映画だ。
主人公の営業マンがスクーターを売りまくるお話なのに、スクーターが1台しか出てこない。


『アツカマ氏とオヤカマ氏』(1955新東宝) 脚本:笠原良三、監督:千葉泰樹、出演:小林桂樹・上原謙・森繁久彌ほか


主人公の小林桂樹は、新人のくせに図々しく、初日から「アツカマ氏」とあだ名がつくほど。だが、やがて謹厳実直な「オヤカマ氏」こと上司の上原謙を公私ともに唸らせる……というサクセスストーリー。
スタッフ・キャスト的には社長シリーズの礎、お話的にはクレージー映画の原型という感じ。


あの手この手でスクーターを売りさばく主人公。
が、映画全編を通じ、同時に2台以上のスクーターはスクリーンに映らない。あたかもスクーターがこの世には1台しかないかのように。
というか、その制約は作劇をも支配している。

例1:
オフィスに展示してあった見本のスクーターが消え、上原謙がカッとなる。小林桂樹が営業用と称して勝手に持ち出したという。なんて厚かましい奴だ!

例2:
上原謙が帰宅すると、自宅前にスクーターが停まっている。またしても見本品を私用で乗り回しおって、とカッとなる上原謙。
だが、それは小林桂樹が売りさばいたうちの1台だった。

とくに例2は、スクーターの販売責任者(上原謙)が、当の商品のスクーターを見てカッとなるという、よく考えたらおかしなシーンだ。
この映画のお約束───この映画ではスクーターは単数形───が、観客の意識下に浸透していないと成立しない作劇なのである。
しかもこの映画は、スクーターに限らず、単数形の小道具に事欠かない。


例A:
小林桂樹がヒロインのためにと買い求めたブローチが、めぐりめぐって、ケガをした彼のホータイの留め具にまでなる。

例B:
小林桂樹が何かと上原謙宅に押しかけては、あつかましくご馳走になっていく。その献立は決まってカレーライス。
上原謙の好物というふれこみなのだが、1955年公開当時は、まだ固形カレールーも存在せず、今ほど庶民的な家庭料理ではない。
劇中における上原謙の食事をカレーライスに限定することにより、彼がたとえガンコで旧弊な上司を装っていたとしても、最新流行を好む進取の気性の持ち主なのだ──という表現としても機能している。


ミッキー・マウスの着ぐるみは、現実には世界に山ほどあっても、同時に1体しか観客の目に映らないように運用されているという。a mouse ではなく the mouse。そうすることで、遊園地が《魔法の国》となる。
この映画は、そうした擬似ワン・アンド・オンリーなアイテム群によって組み上げられている。

a scooter であるべきモノを、the scooter として描く───スクーターのセールスマンの物語を、スクーターを1台しか出さずに描き、作劇と人物描写とに利用したおす。

そんな無茶すぎる趣向を、観客に違和感を感じさせずに成立させてみせたスタッフとキャストは只者ではない。後に彼らが、社長シリーズやクレージー映画といった金鉱を掘り当てたのは、決して偶然でも時流に乗ったからでもないのだろう。
posted by cron at 23:36| Comment(1) | TrackBack(0) | レビュー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一台のスクーターに着眼したレビュー佳かったです!千葉泰樹監督は(東京の恋人)ではダイヤモンドの指輪や杉葉子の安下宿の室内に貼られた憧れのグレース・ケリーの写真、(大番)シリーズでは丑ちゃん(加東大介)憧れの令嬢として画面に何度も登場するブロマイド写真(原節子)、(女に強くなる工夫の数々)での電化製品のポスター(司葉子)など小道具の使い方の工夫が只ものでは無い♪
Posted by PineWood at 2016年04月25日 02:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/265614842
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック