2010年10月11日

イマジンあにめ3 没ネタ(2)

----------------------------------
リュウタロスのたんじょうび

○ イマジンの家・全景(デイ)

○ 同内・リュウの部屋(デイ)
      『お姫様の誕生日』みたいな絵本を読んでいるリュウ。
リュウ「世界一の誕生日になりましたとさ。めでたし、めでたし」
      本を閉じて溜め息をつくリュウ。
リュウ「いいなあ、お誕生日。僕もやりたいなあ……」

○ 同・廊下
      ドアの外では、モモ、キンが聞いていた。
キン 「リュウタの奴、不憫やな……誕生日くらいやったらな」
モモ 「誕生日って何だよ」
キン 「生まれた日に決まっとるやないか」
モモ 「だから何だよ、生まれた日にやることって」
キン 「………」
モモ・キン「生まれた日にやること、やること……」
      と、本を調べだす。
キン 「あったで!」
      とキンが掲げたのは『家庭の医学』。

○ 同・リュウの部屋
      リュウを逆さにつるし上げて尻をひっぱたくモモ。
リュウ「な、何すんの! ぎゃー」
モモ 「よし、泣いたぜ! 第一段階クリア」
キン 「次は産湯や!」
      と、リュウを煮えたぎるタライのお湯につけた。
リュウ「あ、熱! ぶくぶくぶく」
モモ 「さらにすかさずヘソの緒をぶった切る! 行くぜ! 俺の必殺技、パート……」
      と、飛ばした剣先がハリセン(?)に叩き落とされ、モモの頭に刺さる。
モモ 「つー!」
      ハリセンの主はウラだった。
ウラ 「ありえないでしょ。いくら僕たちに誕生日設定がないからって、誕生日自体を知らないなんて」
キン 「すまん、ちょっと作りすぎた」
モモ 「でもよ、設定がねーのはホントなんだからよ」
ウラ 「設定がなければ、僕たちが決めたらいいじゃない」
モモ 「お、カメ公にしては珍しくいいこと言うぜ」
ウラ 「たとえば、オンエアベースで決めたらどう? 良太郎に憑いた日を誕生日ってことにするの」
      ウラ、放送リストを見ながら、
ウラ 「僕の初登場は4話だけど、良太郎に憑いたのは5話だから、2月25日」
モモ 「俺は1話だから……」
ウラ 「1月28日」
キン 「俺は一〇話やな」
ウラ 「4月1日。お似合いだね、キンちゃん」
キン 「どういう意味や」
リュウ「ねー、僕は僕は?」
      と、茹であがったリュウがタライから復活した。
ウラ 「リュウタね、リュウタは……」
      シーンとなる一同。
キン 「なんや、知らん間に憑いてたいう設定やったな」
モモ 「カメ公より前……いや後か?」
ウラ 「2月あたりから3月にかけて的な感じじゃない、だいたい」
リュウ「ヤだよ! 誕生日がだいたいなんて!」
モモ 「カメ公の言うことはこれだからよ。素直に初登場ん時にしときゃスッキリすんだろうが」
ウラ 「そう単純に行かないの。厳密にはオープニングに出てるから」
キン 「ほな、中の人の誕生日に合わせるんはどうや」
モモ 「中の人ってお前……」
リュウ「えー、おぐらさん? それともスズ?」
キン 「好きな方選んだらええやん」
ウラ 「好きな方か。リュウタはイベントだと女の子が入ってたりするんだよね。可愛いよねぇ、ATCのあの子。誕生日聞いてみよっと。うふふふ」
モモ 「どさくさに内幕バラしてんじゃねー!」
リュウ「どっちみちハッキリしないじゃん!」
モモ 「メンドくせ。誕生日なんか、いつだっていいじゃねーか」
リュウ「わかったよ! どうせ僕に誕生日なんかないんだ!」

○ 同・全景(夜)

○ 同内・リュウの部屋(夜)
      ショボーンとなっているリュウ。
      ×    ×    ×
      廊下の3人。
キン 「落ち込ませてしもうた」
モモ 「ちっ、誕生日なんかいつだっていいのによ」
ウラ 「それも一理あるかも、ね……」
      ×    ×    ×
      ドアが開き、3人が入ってくる。
      手にはローソクに火のついたケーキやプレゼント。
リュウ「な、何?」
モモ 「今日が小僧の誕生日ってことにしたぜ」
ウラ 「いつでもないってことは、いつでもいいってことだよね」
キン 「今日でもええちゅうこっちゃ」
リュウ「もう、むちゃくちゃ言わないでよ!」
      そっぽ向くリュウに、
モモ 「お前が誕生日をやりたい日が、いつでもお前の誕生日だ。俺たちはそう決めた。お前が何と言おうとな」
モモ・ウラ・キン「♪ハッピーバースデー、トゥーユー。ハッピーバースデー、トゥーユー。ハッピーバースデー、ディア・リュウタ。ハッピーバースデー、トゥーユー」
リュウ「………」
キン 「さ、ローソク消し」
リュウ「………」
      やがて振り向いたリュウ、ローソクをふっと消した。

○ 同・全景(夜)
      明かりの消えた窓から、拍手や、
ウラの声「誕生日のお楽しみと言えばプレゼント」
リュウの声「えー、何この魚。カワイくない」
ウラの声「ブルーギルはおいしいんだよ、ブラックバスより」
モモの声「そんなのよりこの鉄パイプの破壊力をだな……」
      等々の騒ぎが聞こえてくる。
      そんなイマジンハウスを、月光が優しく包んでいる。

おわり

----------------------------------

# 悩めるリュウタをみんなで励まそうとするシチュエーションは悪くないものの(『イマジンあにめ1/お姉ちゃんからの手紙』の勧進帳と類似しますが)、その悩みが「設定」という、おおかたの視聴者が気にもとめないネタなのはマニアックすぎるのでボツ。
posted by cron at 01:40 | TrackBack(0) | 仕事 | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/165305993

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。