2010年10月03日

はじめてのお裁縫

って、シャツのボタンを付けただけですが。

もう半年も前から取れかかっていて。
店に持っていけば160円とかで付けてくれるようなのだが、たかがボタン1つの案件を持ちこむのは、やはり小っ恥ずかしいものがある。
「ボタン1つつけられないのか」と見られるのが恥ずかしいのか、それとも「ボタン1つつけてくれる人もいないのか」なのかは内緒だが。

というわけで一念発起し、超基本裁縫キットを買ってきた。針2本+糸5色+針通し+ハサミで100円。
あとは、サイトを検索しつつ見よう見まね……。

感心したのは、裁縫の手順というのは、よく練られているのだなと。
玉結びとか玉どめとか、もっとこう、ロープの結び方で船員としてのキャリアが分かる的なワザなのかと思いきや、拍子抜けするほどシンプル。
縒られている糸の摩擦と強度をしっかり利用している。

最近 Cookpad 等を見ていても、ひところよりずっとシンプルになったというか、「おばあちゃんの知恵」化している気がする。先人の知恵や他者の創意工夫が体系的に伝播する媒体としての internet。20年前にわれわれが WWW に希望を託した形に近づいている気もするし、そうでもない気もしつつ、internet なかりせば一生針を使うこともなかっただろう人間が針を握り、なんとなくそれらしくできましたよと。

# メール経由のアップロードのテスト。
posted by cron at 22:18 | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。